園長からのひとこと【2019/9】

厳しい暑さも次第に影をひそめ、朝夕は、涼しい空気に包まれるようになりました。

さて、今年は、8月から台風が何個も発生する異常な気象が続いています。8月15日の終戦記念日も、今年は、ほとんどが台風のニュースばかりで、残念な思いがしました。あおり運転や韓国との関係悪化、香港のデモなど、人の心が、どこか荒んできているこの時期に、改めて戦争について深く心を傾けていくことは、本当に大切なことだと思います。

今から約1400年前、有名な『十七条憲法』において「和をもって貴しとなす」と言われた聖徳太子は、仏教を心から敬っておられた政治家でした。あの権力争いが絶えなかった古代の日本において、聖徳太子が摂政に就いておられた間だけ、不思議と戦争が起きていません。その聖徳太子は、『十七条憲法』第十条において、こんなことをおっしゃっています。
原文は難しいので、意訳でご紹介します。

「人と意見が違うからといって怒ってはなりません。人には皆、それぞれ曲げることのできない心があります。自分か正しいと思うことが、必ずしも相手にとって正しいことではありません。私は、物事を見通すことのできる聖人ではないのです。また、相手が、物事の分からない愚か者でもないのです。お互いに、聞違いを起こしやすい、普通の人間であることを忘れてはなりません。相手が怒った時は、相手を怒らせてしまった自分自身の過ちを反省しなさい。」

人の心は、時として、恐ろしいほどに暴走していくことがあります。自分を見つめる目を持ち、相手を思いやる心を持つことの大切さは、いつの時代でも変わらないでしょう。親子共々、戦争を知らない世代だからこそ、年に一度の終戦記念日は、大切に心を寄せていきたいですね。

2019-08-30

園長からのひとこと【2019/8】

遅い梅雨入りを迎え、すっきりしない天気が続いています。しかし、時折聞こえるセミの声が、本格的な夏が間もなく到来することを知らせています。

さて、先日の盆踊り大会では、雨の中、たくさんの保護者の方々にご協力をいただきました。おかげさまで、雨にもかかわらず、子ども達にとって、とても幸せな一日になったことと思います。ありがとうございました。

その盆踊り大会で、微笑ましい一幕がありました。今は中学生に成長した卒園児のお母さん方が、数人集まって談笑しておられました。口々に、こんなことをおっしゃっておられたのです。「私たちも、またやりたいねぇ」「頼まれたら、いくらでも手伝うよねぇ」「なんか、子どもが大きくなるって寂しいねぇ」

楽しそうにお店をお手伝いされている保護者の方々を目にして、なんとも言えない懐かしさと羨ましさを感じておられたようでした。

子育ては、苦労の連続です。しかし後から振り返ると、人生の中でこれほど幸せな日々はないのかもしれません。保育園時代の可愛らしい子どもと過ごす時間は、人生の中では、ほんのわずかな間だけです。自分のためではなく、愛する子どものために一生懸命になれる瞬間というのは、やはり人生の中での輝きではないでしょうか。

苦労したことが幸せに感じられるというのは、とても素敵なことだと思います。苦労の中にも、子ども達と過ごす一日一日に幸せを味わい、大切に過ごさせていただきたいものですね。

2019-07-30

園長からのひとこと【2019/7】

雨に濡れた紫陽花の美しさが、心和ます季節になりました。田んぼで鳴くカエルの声も、まもなく訪れる梅雨の季節を告げています。

先日、ある研修会で、ヨーロッパの一部の若者の中で、ナチスの思想に共感するナチズムを標榜する集団が出てきていることを聞かせて頂きました。ヒトラー率いるナチス・ドイツは、第二次世界大戦中にユダヤ人をはじめ、多くの人々を大量虐殺したことで知られています。その思想の特徴は、人々の中に「生きるに値しない命」を認めていくところにあります。自分たちの都合を基準にして、生きるに値する命と値しない命を認めていくのです。今、再び、そのような恐ろしい考えを持った若者達が、世界の中で出現していることに、言い知れない不気昧さを感じたことでした。

この世界に生きるに値しない命など、一つとしてないことを仏教は教えています。どんな命をも平等に慈しんでいく、そんな仏様の温かい眼差しは、私たちに一つひとつの命の輝きを教えてくれます。生きていること自体が、そのままで尊い意味を持つことを味わえる世界があるのです。

これからの世界を作っていく子ども達には、どんな命をも同じように大切に出来る、優しく柔らかい心をいつまでも大切に持ち続けて欲しいものですね。

2019-06-28

園長からのひとこと【2019/6】

令和の時代が幕を開け、早くも一ケ月が過ぎようとしています。新人園児の子ども達も、すっかり保育園生活に慣れ、子ども達の明るい声が保育園に響いています。

さて、5月14日に大阪の百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されることが決まりました。これで、日本の世界遺産は、文化遺産と自然遺産を合わせ23件となるそうです。 23件の中には、萩の産業遺産群など、私達にとって身近なものも含まれています。そんな身近な世界遺産の一つに、平成25年に無形文化遺産として登録された和食があります。

こってりとしたソースで味付けをする西洋料理とは違い、和食は、素材そのものの味を非常に大切にする点や、また、一つひとつの料理に、非常に手間暇をかけている点などが、世界の人々から評価される理由です。西洋のような家畜による食文化ではなく、天候などの様々な条件に左右される農耕や漁業によって育まれてきた日本の食文化には、食べ物は恵まれたものという感覚があります。素材を非常に大切にするのも、自分で手に入れたものではなく、様々な不思議な働きの中で、たまたま恵まれたものという感覚が、日本人にはあったからでしょう。

「食う、食べる、頂く」というように、同じ食事をするにしても、三通りの心持ちがあります。たまたま恵まれた尊い命を大切に頂くという心が、世界を驚かす日本の食文化を育ててきたのではないでしょうか。世界にとって遺産となるような食文化の中で育てられている私たちです。今一度、子ども達と一緒に、命を頂くという大切な感覚を、毎日の食事の中で丁寧に確認していきたいものです。

2019-05-30

園長からのひとこと【2019/5】

あちらこちらで鯉のぼりが元気に泳ぐ季節になりました。保育園では、新しい年度がスタートし、一ヶ月が経とうとしています。新入園の子ども達も、保育園に慣れ始め、素敵な笑顔も見られるようになりました。

さて、いよいよ5月からは、令和元年となり、新しい時代が幕を開けます。元号は、今から1374年前の大化が最初で、この度の令和で248もの元号を数えるそうです。これまで、漢字二文字に次の時代への思いを込め、様々な時代が積み重ねられてきました。安倍首相は、令和に込められた思いについて次のように説明されています。

「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい、との願いを込め令和に決定いたしました。」

これから始まる令和時代の主役は、まさしく今の子ども達です。子ども達には、令和に込められた思いのように、一人ひとりが、それぞれの花を大きく咲かせていく、そんな明るい人生をぜひ歩んでほしいと思います。

保育園時代は、人間形成の根幹を培っていく大切な時期です。素晴らしい種が、素晴らしい花を咲かせていくには、なによりも、その花を思うたくさんの愛情が大切です。令和という新しい時代を迎えるにあたり、改めて、子ども達一人ひとりの素晴らしい種を、大切に慈しんでいける愛情深い毎日を大切にさせていただきましょう。

2019-04-27

園長からのひとこと【2019/4】

桜の花が満開に咲く中、いよいよ、新年度がスタートしました。平成最後の新入園児の皆さんをお迎えし、一つずつ大きくなった在園児の皆さんと一緒に、今年度も、笑顔あり涙ありの素敵な日々が始まります。

仏教には、三宝(さんぽう)という三つの宝物が説かれています。あらゆる命の悲しみを自分の悲しみとし、あらゆる命の幸せのために自らを犠牲にしていくような清らかな生き方をされる仏様と、その仏様が真心をもって生きとし生けるものに語りかける清らかな言葉、そして、その清らかな仏様が語りかける言葉を聞き、共に大切に味わっていこうとする人達の和やかな集い、これら三つを仏教では宝物と教えています。

私たちは、普段、自分を幸せにしてくれるものを大切な宝物とみていきます。しかし、本当の宝物は、自分以外の人や命を思いやるところに実現していくものではないでしょうか。保育園での生活は、子どもにとって、楽しいこともいっぱい満ちていますが、その反面、痛みや悲しみを経験することもあると思います。しかし、その子どもの痛みや悲しみが、保育園に携わる者みんなの痛みや悲しみとなり、子ども達の上に、本当の優しさが身についていくような場所になれるよう、保護者の方と手を携えて、みんなで力を合わせていけたらと思います。み仏様のお心の中で、子どもも大人も、みんながみんなのことを思い合える、そんな素敵な宝物が満ちあふれる一年になるといいですね。

これからの一年間、保育園と保護者の皆様とが車の両輪のようになって、子ども達の限りない輝きを支え、一緒に心からその輝きを喜んでいくことが出来ればと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

2019-04-05

園長からのひとこと【2019/3】

今年度も、残すところ、あと一ヶ月となりました。四月には見ることが出来なかった、それぞれの子ども達の成長した姿が、保育園を彩っています。発表会には、本当に多くの保護者の皆様がお越しくださいました。子ども達にとって、ご家族の皆様の温かい眼差しが何よりもの力になったことと思います。まことにありがとうございました。

さて、先日、ある方から『ダンゴムシにも心はあるのか』という本を紹介いただきました。信州大学の森山徹先生が書かれた本です。森山先生は、大脳のないダンゴムシにも、心があることを世界で初めて科学的に証明した先生として、注目を集めています。森山先生は、危機的状況に置かれたダンゴムシの行動を分析し、機械なら同じことを繰り返すだけのところを、試行錯誤しそれぞれに個性ある行動を現すところに、ダンゴムシの心を認めています。保育園の子ども達も大好きな、あのダンゴムシにも、ちゃんと心があるという話は、とても温かい気持ちになれるものでした。

様々な命が、様々な心を持っていますが、小さな虫の心にも耳を傾けてゆける心を持っているのは、人間だけではないでしょうか。お釈迦様も、他の命の心を受け止めていくことの大切さを教えておられます。

発表会を終え、就学、進級に向かって、また一つ大きく成長した子ども達ですが、これからも、機械にはない命が持つ心の温かさをいっぱいに感じながら、素敵な大人に成長していってもらいたいものですね。

 

2019-02-27

園長からのひとこと【2019/2】

新しい年が明けて、早くも一か月が過ぎようとしています。今年の冬は、暖かい日が続いていますが、それでも、インフルエンザは例年と同じように大流行しています。ご家庭でも、
手洗い、うがいを徹底され、体調に充分に気を付けて冬の季節を楽しみましょう。

さて、先日は、保育園でも親鸞さまの報恩講が勤まりました。親鸞さまのご法事である報恩講では、お斎(おとき)と呼ばれる精進料理をいただきます。普段、生き物の掛け替えのない命をいただきながら、それを省みることなく、まるで殺生を楽しんでいるかのような生き方をしている私達です。お斎というのは、普段のそんな生き方を省みて、自らの心を慎んでいく意味があります。恥ずかしさを忘れ欲望をむき出しにしていくような生き方を仏教では畜生(ちくしょう)と言います。そんな生き方を省みて、申し訳ないと慎んでいく生き方を仏教では人と言うのです。慌ただしい中に、ついつい人らしさを忘れていく私達です。人らしく、自分を省みる時間も大切にしていきたいですね。

今、保育園の子ども達は、発表会に向かって、一生懸命練習に取り組んでいます。太陽の光を受けて輝く雪のように、子ども達もご家族の温かい眼差しを受けて、舞台の上でより一層輝いていくと思います。どうぞ、ご家族そろってお越しください。お待ちしています。

 

2019-02-01

園長からのひとこと【2019/1】

年末の慌ただしさが、身に染みる季節になりました。今年も終わりを迎えようとしています。人それぞれの味わいの中で、時は過ぎてゆきます。各ご家庭で、今年一年の思い出を振り返ってみてはいかがでしょう。子ども達は、どんな素敵な思い出を語ってくれるでしょうか。

さて、毎年、京都の清水寺で今年の世相を表す漢字が発表されていますが、今年は、「災」というものでした。今年だけでなく、この数年は、毎年のように大きな災害が世界各地で起こっています。異常気象をはじめ、地球全体が悲鳴をあげているような気さえします。仏教では、自分以外の他の命の悲しみに寄り添い、他の命の幸せを願う心を大切なものとして教えています。それは、あらゆる命は、深いところで全て一つに繋がっているとみていくからです。この世界は、あらゆるものが関わり合って成り立っています。一人ひとり、一つひとつの命は、それぞれが支え合い、恵まれ合う中に生かされています。

平成最後のお正月をまもなく迎えます。ある新聞に、平成の時代は、家族が減少し独身者が増えた時代だと書かれていました。慌ただしい年末年始ですが、家族や様々な人々に恵まれている幸せを、子ども達がたくさん感じられるような温かい時間を大切にしてゆきたいですね。

2018-12-26

園長からのひとこと【2018/12】

風の冷たさが身に染みるようになりました。寒い冬の季節がやってきます。インフルエンザ等の病気が流行する季節でもあります。手洗いやうがい等、ご家庭でも、子どもの健康管理に気を付けていただきたいと思います。

さて、先日、京都にある三十三間堂を訪れる機会がありました。三十三間堂には、千体の千手観音菩薩像がご安置されています。千体の菩薩像が整然と並んでいる姿は、圧巻の光景で、見る人を神秘的な世界に引き込む不思議な力を感じたことでした。

観音菩薩というのは、とても有名な菩薩様ですが、観音という言葉は、「音を観る」という意味を持っています。何の音かと言うと、命あるものの心の音です。命あるものの悲しみや苦しみの心の音を感じ取り、千本の手で、あらゆる手段を尽くして、その抱える悲しみを取り除こうとする働きを表わしています。命あるものの悲しみに寄り添う姿の中に、人にとって尊ぶべきものがあることを、昔の人々は感じていたのでしょう。

これから年末に向けて、何かと慌ただしい日々を過ごされることと思います。慌ただしい中で、自分中心になりがちな私達です。どんな時も、子どもの心に寄り添い、周りの人々の心を感じ取れる、そんな観音菩薩様のような優しい私でありたいですね。

2018-12-01