園長からのひとこと【2021/08】

梅雨明けが発表され、セミの声が聞こえる本格的な夏の季節になりました。いまだマスクが外せない日々が続いています。感染症と熱中症に気をつけながら、夏の暑い季節を乗り切っていきたいと思います。

さて、お釈迦様のお弟子の中に、カルダイという名前の方がおられました。このカルダイは、いわゆる不良青年です。お釈迦様の仏教教団に属しながら、規則を守らない、お釈迦様の言うことも聞かない、問題行動ばかりを起こすはみ出し者だったようです。ところが、このカルダイ、お経の中で聴衆の一人として、よく登場しています。お釈迦様のご法話を聞く場に、よく座っておられたということです。問題行動の多いカルダイでしたが、お釈迦様のお話を聞くのは、好きだったのでしょう。お釈迦様も、その他のお弟子の方々も、不良青年であるカルダイを注意することはあっても、追い出すことはしなかったのです。お釈迦様の周りでは、どんな人間も認められていく世界があり、みんな平等に居場所が恵まれていたのでしょう。

私のことを認めてくれる場所が、私の居場所です。コロナ禍の中、居場所がない人々が増えていると聞きます。子どもの居場所は、大人が作っていかなければなりません。みんなが自分の都合を超えて、お互いに認め合うことの出来る、そんな温かく柔らかい雰囲気の中で、子育てを楽しんでいきましょう。

 

 

 

 

2021-07-28